bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

価値の見つけ方

投稿日:

生活用品 衣類 デスク周りなど、
趣味やライフワークに密接したアイテムには自分だけの価値や拘りを

時間があれば度々覗く行きつけの古工具店

どこから来たのか、使い込まれた工具や什器が雑然と並ぶ
オイルや埃臭さにまみれ、その傷や錆ひとつひとつの表情には
時間の経過と共に成るべき姿の味があります

錆や汚れを取り除けば、充分にその機能を満たしてくれますが
モノによっては使い物にならないジャンク品も多々
むしろリペアやオーバーホール等、手直しの必要なモノがその多くだったりします
しかし、気になったモノであればそれでも購入
程度にもよりますが、見よう見真似でリペア出来るモノも少なくありません

仮にリペアが失敗に終わったとしても、仕組みやデザイン
その背景を想像したり、
切っ掛けがなければ知ることのない発見も
そして、なによりそのプロセスにドラマがある訳で
偶然誰かと共有できたり、友人との会話のネタに一役かったりもする訳です

絵柄や所有感、感触や匂い
価値はそれぞれに
豊かでハッピーなヒントが隠れています

– Inoue

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

厄が降りかかる年齢?

「フリヤくん、絶対厄払い行った方がいいよ!!」 職場復帰した私を心配してくれての言葉、ありがたい。ありがたいが正直聞き飽きた。   こんにちは、bootleg cityフリヤです。 SNSや …

勝手な贈られ物

最近、ふと違和感が 興味深々で聴き入ってはいるが 聴けばきくほどに、疑いたくなる違和感が そこのフローとは明らかなズレを感じる 思い違いの可能性はどうやら薄い予感 このままにしておくのは命取り 答え合 …

加減具合

王道や歴代の名機とは何にでも有るもので ある程度そこに居続ければ、誰もが魅せられ一度は通るもの 同じように自分も、先人の手本どうりその道を辿って来たものが多くあります 許す限りの範囲内で「本物を知る」 …

三話三景

こっち都合 都市部の住宅街の中にある排水路ほどの人口川 本命ではないと疑いつつ予測はしていたがやっぱり 特になんの値打ちもない、ちょっとした水溜りには大抵いる「カダヤシ」 いわゆる外来種 とは言え、形 …

[ハイキング復帰] 万博記念公園でハイキングができる

万博記念公園、どんなイメージをお持ちだろうか? 「太陽の塔」「広い芝生」「ライブやイベント」まず思いつくのはこんなところだろうか。さらに「日本庭園」「梅林」「花の丘」このあたりが最初に出てくるとなかな …