bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

価値の見つけ方

投稿日:

生活用品 衣類 デスク周りなど、
趣味やライフワークに密接したアイテムには自分だけの価値や拘りを

時間があれば度々覗く行きつけの古工具店

どこから来たのか、使い込まれた工具や什器が雑然と並ぶ
オイルや埃臭さにまみれ、その傷や錆ひとつひとつの表情には
時間の経過と共に成るべき姿の味があります

錆や汚れを取り除けば、充分にその機能を満たしてくれますが
モノによっては使い物にならないジャンク品も多々
むしろリペアやオーバーホール等、手直しの必要なモノがその多くだったりします
しかし、気になったモノであればそれでも購入
程度にもよりますが、見よう見真似でリペア出来るモノも少なくありません

仮にリペアが失敗に終わったとしても、仕組みやデザイン
その背景を想像したり、
切っ掛けがなければ知ることのない発見も
そして、なによりそのプロセスにドラマがある訳で
偶然誰かと共有できたり、友人との会話のネタに一役かったりもする訳です

絵柄や所有感、感触や匂い
価値はそれぞれに
豊かでハッピーなヒントが隠れています

– Inoue

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続・読書の話 [文学フリマ 大阪]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 「まだまだ暑い日がつづいておりますが〜」という出だしを書こうと思っていたらここのところとても涼しい。本当は上記の言葉を綴りたいところ、しかしそろそろ …

三話三景

タイミング 今風な切っ掛けで知り合い、軽い約束ですぐに顔合わせ ごく簡単でシンプルなノリで 懐かしくもあり、この流れって凄くいい 方法は変わっても、いつんなっても不意な出会いのタイミングってわくわくす …

月見山から月見山

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 8月も後半になっている現在。あちらこちらで「夏も終わりだな〜」という声が聞こえるこの頃。 正直まだまだ夏が続いて欲しい夏好きの私(5年前から好きな夏 …

階段という敵 [須磨アルプスハイキング]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 すっかり梅雨。どこ行くにもしっとりしていて嫌なような、これはこれでアリなような、そんな日が続いてますが今回はアウトドアな話。 5月にBLCのイベント …

三話三景

こっち都合 都市部の住宅街の中にある排水路ほどの人口川 本命ではないと疑いつつ予測はしていたがやっぱり 特になんの値打ちもない、ちょっとした水溜りには大抵いる「カダヤシ」 いわゆる外来種 とは言え、形 …

Archive