bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

DIY

身近な道具に愛着を

投稿日:


こんにちは、bootleg cityのフリヤです。

身近にある道具、何があるでしょうか。携帯、時計、筆記用具など色々あると思います。とても気に入ったものは愛着がわき大事にすると思います。身近な道具、「自作」してもっと愛着を持って使ってみるのも楽しい事ではないでしょうか。

今回はフリヤが近頃とてもはまっている「カメラ」についての道具を自作していこうと思います。といっても、カメラをイチから作るのは相当な技術と道具そして知識が必要になってきます。
カメラは無理でも、カメラ関係の道具は何とかなるものもあります。いつも身につけるカメラグッズ、「ストラップ」を作ってみましょう。

<スポンサーリンク>


ストラップというと黒地にカメラメーカーのロゴが大きくプリントもしくは刺繍されているものが純正だと思います。そして最近はかわいいデザインのものや、カッコいいデザインのものが多く出回っています。そこで自分の好きなデザインのストラップを「自作」、これは愛着がわかない理由が出て来ない。

ベースとなる材料を用意しました。そうです、マットです。
300円で購入しました。これを裂いて作ってみましょう。

裂くのに必要なのは物差しと、カッターのみ。切り口の糸がほつれないようほつれ止め液を切った後塗っておきます。

そしてハトメを打ちます。このハトメ、東急ハンズはもちろんホームセンターなどでキットで売られている事も多いのでサイズを間違える心配が減ります。

こんな感じで穴を開け、そこにお好きな紐やコードを通して完成です。

今回は3mmのパラコードと100均の金具でカメラに取り付けてみました。
いかがでしょうか、いつも使っている既製品にはクオリティこそ及ばないかも知れませんが、愛着、わきませんか?
もちろん応用で長さを変えれるシステムを作ったりも可能です。

私はパラコードが好きなので二色使ったり、手芸屋さんや100均で売っているコードストッパーを利用して長さ調節できるよう作っています。

ベルトはユザワヤにて購入。

軽いカメラやコンデジなんかは一点吊りも似合うと思います。

<スポンサーリンク>



このように、安価な素材と少しの技術で作れてしまいます。やはり自分でつくった道具はとても愛着がわきます。一緒に撮影に行きたくなります。

今回はカメラのストラップでしたが、身近なもので自作できそうなものはきっとたくさんあると思います。全てをイチから作らなくても組み合わせて作ればぐっとハードルも下がります。

身近な道具、作ってみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で。
最後まで読んで頂きありがとうございました。


 

bootleg cityのTwitter、Instagram

 

https://twitter.com/bootleg_city

 

https://www.instagram.com/bootleg_city

<スポンサーリンク>



-DIY

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

遊びゴコロ

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 「ものづくり」どんなイメージがありますでしょうか。 民芸品?アクセサリー?または小説や映像作品でしょうか。様々なものに当てはめることができると思いま …

ついでのお立ち寄り

ゴミBOYZの時間です 近所を通ったついでに、久し振りに覗いていみました 特に主張のない地味な店構え こじんまりとした店内に、古美術品から特撮玩具までかなり振り幅のある品揃えが個性的? なにより良心的 …

いってきますのお供に

今回はB.L.C.の活動のひとつでもある モノ作りのポストです 日常的に使うアイテムに、ちょっとしたカスタムを施してみます 特別な道具は使わず、簡単な工作 気に入られた方はお試しあれ 以前棚を作った際 …

お手製イベントチケット製作

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 様々なイベントがある昨今、自分で発信するイベントなんかもあったりします。身近なところだと「飲み会」「結婚パーティ」なんかでしょうか。 そんなイベント …

Archive