bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

小さな世界

投稿日:

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。

突然ですが、きのこや苔は好きでしょうか?きのこは食べるのは大好きという方はいらっしゃると思いますが散歩に出かけた時にふとみつけたきのこや苔たち、とてもかわいい世界が広がっています。

いつもは目に留まらない可能性もあるこの生き物たち、そんな小さく、かわいい世界に注目してみてはいかがでしょうか。

 

先日神戸にて「KOBEキノコ・コケ・テラリウム展」という私にとってはとても興味のあるイベントが開催されていましたのでミラーレスカメラにオールドレンズをくっつけて撮影がてら行って来ました。

オールドレンズによる撮影の技術が未熟なためブレてしまっていますが、このような「テラリウム」の展示を見る事ができました。
「テラリウム」という響きに馴染みの無い方もいらっしゃるかと思います。

テラリウム (Terrarium) とは陸上の生物(主に植物や小動物)をガラス容器などで飼育・栽培する技術である。 現代でも園芸の一スタイルとして、陸上動物の飼育ケージとして、多くの園館や研究者、アマチュア愛好家によって製作されている。(Wikipedia)

といったものを指します。しかし特にきのこのテラリウムは難易度が高くなかなかお目にかかれないそうです。

きのこのつやつやした姿と苔のやわらかい感じがとてもかわいいです。
道ばたに生えていても見落としがちなこのふたつの生き物たち、テラリウムにてゆっくり観察できる機会に恵まれ幸運です。

展示方法にも拘りを感じます。容器のひとつひとつにきのこや苔達への愛情をとても感じました。植物園とはまた違う、空間を切り取ったかのような雰囲気。

<スポンサーリンク>



今回の展示で二回目との事、とても素敵な展示イベントでしたので今後も開催するなら是非行きたいと思います。
あまり気に留めてなかった方も、この展示イベントをきっかけにこの小さなかわいい、身近な生き物たちに関心を向けてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で。最後まで読んで頂きありがとうございました。


 

bootleg cityのTwitter、Instagram

 

https://twitter.com/bootleg_city

 

https://www.instagram.com/bootleg_city

<スポンサーリンク>


-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どこまでも

モテるためには? 爪を切る、後に寝る、断らない 例えその場はとっさの嘘であっても そんな妙に真実味のある話しから数十年 断られた腕時計のバッテリー交換から、刺々しい魚の処理まで 止める者もいない、目的 …

最近使い始めた山で便利なものたち

「ん〜、この花なんやろ・・」 山歩きを始めてからもうすぐ三年、最近やっと(?)こんな事を思うようになってきた。 始めた頃は山を歩く、目的地までたどり着く、ルートを確認しまくるなどで傍に咲いているお花は …

親子二代で一台

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 先日神奈川県にある実家に帰った際、ふと目についた自転車。 父が定年退職した際に[定年後の趣味]として購入していた自転車、いわゆるロードバイクというや …

no image

ましかくに切り取るセカイ

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 写真、楽しんでいますか? フィルムカメラや写ルンですの再登場による写真をデータではなく「プリントアウト」する事が増えてきてます。 インスタグラムの影 …

加減具合

王道や歴代の名機とは何にでも有るもので ある程度そこに居続ければ、誰もが魅せられ一度は通るもの 同じように自分も、先人の手本どうりその道を辿って来たものが多くあります 許す限りの範囲内で「本物を知る」 …

Archive