bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

百円の価値とは

投稿日:

先日に引き続き

下調べをしなくとも、その街を訪れると嗅覚が反応
ジャンク屋を嗅ぎ付ける能力が身につく?ようです

ここは凄い
もう、ジャンク屋の見本と言わんばかりのオーラ、過去最強のインパクトを放っております
二階建ての店内も、何が起きた?と言わんばかりのそりゃもう地獄絵図
掻き分けながらのまさにダンジョン的、宝?探し
じっくり漁るには二、三時間は必要な程の物量が

時間もあれだったので、ざっくりと物色

で、一点のお買い上げがこちら

絵画用の筆入れ
くたびれたレザーの持ち手、使い古された雰囲気がなんとも良い

早速、具合の悪い箇所をリペア

とは言ってもこの箇所のみ、錆びて固着したヒンジを交換
ところが・・・

力任せにヒンジごと釘を引き抜くと、頭がもげて足が残った・・・
ほじくり出すか、打ち込むか?
元ヒンジより横幅の長い物があれば、釘位置をずらせられる
しかしその分厚みも出るようなら、収まる箇所の深さを彫り直す必要も

「百円の価値とは」

一先ずそれなりのヒンジを探すことにします
続く

– Inoue

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

標高118

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 毎週のように嵐が日本を通過し、気温だけでなく周りの様相を秋へ秋へと変えている。まるでどこかの神様が季節を転換させたがっているかのようにも思える。 ま …

古い新しい図鑑

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 最近思いついたように本に触れだした私。 特に無理して、今更カッコつけて触れだしているわけではないが今まで本とは縁が遠かったので新鮮で楽しい。 先日友 …

いってきますのお供に

今回はB.L.C.の活動のひとつでもある モノ作りのポストです 日常的に使うアイテムに、ちょっとしたカスタムを施してみます 特別な道具は使わず、簡単な工作 気に入られた方はお試しあれ 以前棚を作った際 …

カタチから入る

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 大阪は桜の季節も過ぎ去り、上着も必要無いぐらいの暖かい日が多くなっています。外に遊びに出かけたくなるこの季節、釣りなんかしてみようかと。 bootl …

月見山から月見山

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 8月も後半になっている現在。あちらこちらで「夏も終わりだな〜」という声が聞こえるこの頃。 正直まだまだ夏が続いて欲しい夏好きの私(5年前から好きな夏 …

Archive