bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

百円の価値とは

投稿日:

先日に引き続き

下調べをしなくとも、その街を訪れると嗅覚が反応
ジャンク屋を嗅ぎ付ける能力が身につく?ようです

ここは凄い
もう、ジャンク屋の見本と言わんばかりのオーラ、過去最強のインパクトを放っております
二階建ての店内も、何が起きた?と言わんばかりのそりゃもう地獄絵図
掻き分けながらのまさにダンジョン的、宝?探し
じっくり漁るには二、三時間は必要な程の物量が

時間もあれだったので、ざっくりと物色

で、一点のお買い上げがこちら

絵画用の筆入れ
くたびれたレザーの持ち手、使い古された雰囲気がなんとも良い

早速、具合の悪い箇所をリペア

とは言ってもこの箇所のみ、錆びて固着したヒンジを交換
ところが・・・

力任せにヒンジごと釘を引き抜くと、頭がもげて足が残った・・・
ほじくり出すか、打ち込むか?
元ヒンジより横幅の長い物があれば、釘位置をずらせられる
しかしその分厚みも出るようなら、収まる箇所の深さを彫り直す必要も

「百円の価値とは」

一先ずそれなりのヒンジを探すことにします
続く

– Inoue

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小さな世界

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 突然ですが、きのこや苔は好きでしょうか?きのこは食べるのは大好きという方はいらっしゃると思いますが散歩に出かけた時にふとみつけたきのこや苔たち、とて …

伝統とテクノロジーと [下鴨神社 糺の森の光の祭]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 この夏、お祭りに行っただろうか。私の住む関西周辺だと有名なお祭りは祇園祭や天神祭であったり、地元の盆踊りであったりと色々あると思う。 そういや最後に …

古書と埃 [四天王寺 秋の大古本祭り]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 この場で何回か取り上げたテーマ「読書」 周りの本好きに聴きながらお勧めを借りて読んでみたりしている日々。 自分でも書店にて購入しようと思い梅田にある …

紙一重

  こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 ニュースを見るとプラスチック製品を減らす政策が地球規模で起こっている。有害なモノを「捨てない」「作らない」という動きが広がっている。 …

この上なくひとり遊び

少し前から関連書籍と共に収集し始めた民芸品に新しいお仲間が 民芸工芸では歴史深い老舗 「大雪創木社 / トンチカムイ」 59年より開催される全日本コケシコンクール こちらの作品は第二回の最優秀作品 土 …