bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

大物以上の

投稿日:

いつもより早くに起き、始発で向かう先は

まだ少し肌寒いですが

海面に映り込む朝焼けを眺めながら、仕掛けを作り後はじっと待つ

同じように糸を垂らす釣り人が、等間隔に数人
少しすると「アタリはある?」「まだ一度も、棚はどんなもんですか?」
釣り場ではお馴染みの挨拶から始まり、釣果報告や情報交換
また一人話に加わり、三人で長々と世間話にまで

海と言う自然のフィールドに、同じ趣味を共有する人々が集う
そこには初対面や歳の差など関係ない
一人が釣れれば皆で拍手
とても居心地が良く、贅沢な時間がある

帰り際には「だいたい⚪️時頃に来てるから、また会うと思うから宜しく」

年配のベテラン釣り師の方と、そんな軽々しいな約束を交わし
またの再会を楽しみに、釣り竿をたたみ帰路へ

どんな大物よりも、出会いと言う釣果には代えられません

– Inoue

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三話三景

こっち都合 都市部の住宅街の中にある排水路ほどの人口川 本命ではないと疑いつつ予測はしていたがやっぱり 特になんの値打ちもない、ちょっとした水溜りには大抵いる「カダヤシ」 いわゆる外来種 とは言え、形 …

読書、してみようか。

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 近頃SNSなんかでも「もう秋の気配が」的な投稿が増えてきている気がする。 夏を愛するフリヤには少し寂しい話、まあ仕方ない。 さて、そんな「秋」が近い …

標高118

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 毎週のように嵐が日本を通過し、気温だけでなく周りの様相を秋へ秋へと変えている。まるでどこかの神様が季節を転換させたがっているかのようにも思える。 ま …

知らないようで関わりの深いもの「電車」

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 先日仕事で大阪環状線は福島駅から天満駅の二駅を移動した際に、何の気なしに以下のようなツイートをした。 後日思う、本当に電車での遠出や旅行をしてないな …

この上なくひとり遊び

少し前から関連書籍と共に収集し始めた民芸品に新しいお仲間が 民芸工芸では歴史深い老舗 「大雪創木社 / トンチカムイ」 59年より開催される全日本コケシコンクール こちらの作品は第二回の最優秀作品 土 …

Archive