bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

大物以上の

投稿日:

いつもより早くに起き、始発で向かう先は

まだ少し肌寒いですが

海面に映り込む朝焼けを眺めながら、仕掛けを作り後はじっと待つ

同じように糸を垂らす釣り人が、等間隔に数人
少しすると「アタリはある?」「まだ一度も、棚はどんなもんですか?」
釣り場ではお馴染みの挨拶から始まり、釣果報告や情報交換
また一人話に加わり、三人で長々と世間話にまで

海と言う自然のフィールドに、同じ趣味を共有する人々が集う
そこには初対面や歳の差など関係ない
一人が釣れれば皆で拍手
とても居心地が良く、贅沢な時間がある

帰り際には「だいたい⚪️時頃に来てるから、また会うと思うから宜しく」

年配のベテラン釣り師の方と、そんな軽々しいな約束を交わし
またの再会を楽しみに、釣り竿をたたみ帰路へ

どんな大物よりも、出会いと言う釣果には代えられません

– Inoue

-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蕗の葉の下の人

目に付いた瞬間に心が持っていかれ、コレクションの仲間入り 色・造形・質感すべてにおいて好きしか詰まっていない 年に何度も巡り合わない好き 見たものや聞いたもの 出会う人、出会った人 全てのタイミングで …

産業遺産を切り撮りに

こんにちはbootleg cityのフリヤです。 「産業遺産」聞いた事ありますか? 産業遺産とは・・ 産業遺産(さんぎょういさん)とは、ある時代においてその地域に根付いていた産業の姿を伝える遺物や遺跡 …

月見山から月見山

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 8月も後半になっている現在。あちらこちらで「夏も終わりだな〜」という声が聞こえるこの頃。 正直まだまだ夏が続いて欲しい夏好きの私(5年前から好きな夏 …

どこまでも

モテるためには? 爪を切る、後に寝る、断らない 例えその場はとっさの嘘であっても そんな妙に真実味のある話しから数十年 断られた腕時計のバッテリー交換から、刺々しい魚の処理まで 止める者もいない、目的 …

山登りの、下見へ

「フリヤくん、今度六甲山一緒に行かへん?」 先日そんなお誘いが。 いつもはソロで山歩きをしているので誰かと行くチャンス。もちろんOK。 しかしお相手はあまり六甲山を歩いたことが無いとの事なので、私がリ …

Archive