bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

春の海へ

投稿日:

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。

だいぶ暖かくなってきました。謎のくしゃみと目の痒さも和らいできて楽になってきた私です。しかしこの謎のくしゃみと目の痒さ、何なんでしょうね本当に謎です。

暖かくなってきたので今回は電車に乗ってとある所へソロ活動。

話は逸れますが、駅で使用されているピクトグラムですが何か良いですよね。わかり易さと、かわいさが共存してるというかなんと言うか。
今度街や駅のピクトグラムを集める遊び、やってみませんか?

という事で電車に揺られる事1時間程。やってきました、海です。こう見えて私フリヤ、ダイバーでして和歌山や日本海で潜ったり、素潜りなんかもしていて海は大好きです。

そんな海、今回は入りません。いつだったかBLC(bootleg city)のブログでも取り上げた事がありますが、今回はビーチコーミングに来ました。今後の活動で取り入れたいので良い場所を探しながら春の海のプレゼントがある事を期待して、散策。

目指すビーチへ行くまでに様々な「被写体」が待っています。写活を推す身としてはおさえておかなければなりません。一見するとただの運搬用具や漁具ですが、見方を変えると立派な被写体。使い込まれた素敵な「道具」たちをいかに切り取るか、考えすぎて時間ばかり使いそうです。

<スポンサーリンク>



ビーチへ到着。
少し出遅れましたがお宝探しへ。

居ました。ヒトデ。
おそらく「マヒトデ」といわれるヒトデオブヒトデではないでしょうか。良いかたちしてますね。すっかり乾燥していてオブジェにもなりそうなのですが以前持ち帰った際、煮沸してもアルコールに漬けてもさらには漂白しても香しさがとれなかった為、今回は挨拶だけ。

素敵な流木も落ちています。流石に大き過ぎます。
流木は川の方が良いかたちの物が落ちている事もあるそうです。いつか「流木拾い」のツアー、組んでみる事にしましょう。

まるっこいカニとエンカウント。
かたちは素晴らしいですが、ヒトデ同様匂いの除去に苦労しそうなので今回はこのコも挨拶だけ。2cm程度のカニ、ちょっと美味しそうに見えてしまうのは私だけでは無いでしょう。ビールが飲みたくなります。

今回の目的のひとつ「シーグラス」あまり大漁ではありませんでした。残念。
後日おそらく同じ場所へ行ったであろう友人は大漁かつカラフルなシーグラスを入手していました。悔しい。
これも日頃の徳を積んでいなかったからでしょうか。

<スポンサーリンク>



しかし今回は別の素敵なものをいくつか拾いました。

このまるっこいのです。
これ、ウニの殻なんです。フレーム?骨?まあそんなところです。
どうです?とてもかわいくないでしょうか。
このウニ殻、とても壊れ易く割れているものもありましたが、完全なかたちの殻を数個入手。
特に今のところ使い道と言う点ではハンドメイドの材料にしたりということはなく、コレクションしていますがいつか何かを作ってみたいですね。

 

という事で今回は海へ「ビーチコーミング」をロケハン兼ねて行ってきました。冬の間は気温も低く風も強かった為ヒヨってこの活動ができておりませんでしたがもうやれそうです。
bootleg cityの活動のひとつとして取り入れていきますのでその際にはご一緒にいかがでしょうか。
思いも寄らない「ええもん」落ちてますよ。

それでは今回はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


bootleg cityのTwitter、Instagram

 

https://twitter.com/bootleg_city

 

https://www.instagram.com/bootleg_city

<スポンサーリンク>



-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金剛山で山歩き

こんにちは、bootleg city フリヤです。 須磨にて開催しました山歩きイベント[Hike-Up] このイベントに自ら刺激され、他の山へも行ってみる。 場所は奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪 …

続・読書の話 [文学フリマ 大阪]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 「まだまだ暑い日がつづいておりますが〜」という出だしを書こうと思っていたらここのところとても涼しい。本当は上記の言葉を綴りたいところ、しかしそろそろ …

時間による空気の違いを感じに [@那覇写真活動]

こんにちは。bootleg cityのフリヤです。 毎日猛暑だったり、台風だったりと忙しい2018年夏です。暑すぎ&天気悪くてという言い訳をして「写真を撮りに行く」という行為がおろそかになりそ …

三話三景

行き先の見えない買い物 安臭い剥がれかけたメッキにダミーの石 その昔駄菓子屋に並んでそうなチープさ、そんな小さな蝶のブローチ 自分で使うの?と聞かれればそうでもない 何かのタイミングで誰かにでもと、目 …

百円の価値とは

先日に引き続き 下調べをしなくとも、その街を訪れると嗅覚が反応 ジャンク屋を嗅ぎ付ける能力が身につく?ようです ここは凄い もう、ジャンク屋の見本と言わんばかりのオーラ、過去最強のインパクトを放ってお …

Archive