bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

レポート

5/27 HIKE-UP&BBU | イベントレポート1/2

投稿日:2018年5月28日 更新日:

先日開催されました、トレッキング&ビーチーコーミングイベント
「HIKE-UP X BBU」のアフターレポートです
http://bootlegcity.com

既に汗ばむ程の好天候の中、スタート地点に集まった参加者の方々
意外にもトレッキングシューズ率高し、装備万端で側から見ればこなれてそうに見える…

本イベント為、クリフハンガーを何度も観てイメトレを重ねた
フリヤ氏持参のポケットマップを広げて「雪山なめるなよっ」
など含めたルート説明の後スタート

木々の生い茂る中、都会から離れたひと時
なんとも気持ちが良いと個々の口から鼻歌なんかも出たりして

しかし、この出始めの登りがまずの難所らしい

歩き始めて10分ほど、既に足が重い…
日頃の運動不足が祟ったか?
そんな声も出たところで
まあ無理はせず、皆でペースを合わせつつ歩く歩く

すれ違うハイカーの方々と挨拶を交わしながら
程よく汗が回った頃

ますを埋め尽くすようにぎっしりと
今日日の小学生でも言わない「俺の家あそこ!」

そして登る、すると

須磨ビーチを背に海を一望
いや〜ぁ絶景だこと
「ここの海はアナゴしか生息しない!」前回の釣りポイントも発見

目と心の保養でしばしの休憩を取り再開

少し登ると、六甲山系の最西端に位置する旗振山山頂
「江戸時代、大坂の堂島米会所の相場を西国に知らせるための旗振り通信の中継地」

そこからしばらく登ると、見えて来ました

心地よい風に風景と相まって、なんとも贅沢な時間
山登りの醍醐味はこれでもあるのかな?

山登りと声を張れる程のボリュームはありませんが
それでもいい汗と自然の景観を満喫し、充分なリフレッシュになりました

今回は当初のルートとは予定を変更し、ここから下山方向へ
また機会を設け「続・目指すわ須磨アルプス登頂」を企画いたします



疲れと余韻を残し、ここから第2部の須磨浜へ
と行かないのもBLC企画
どこがメインなの?勿論寄り道編でございます

須磨浦公園の裏山に位地する浮御堂でプラン練り合わせ

目的地は須磨寺 http://www.sumadera.or.jp

30分ほど歩いて到着
お寺散策、嫌いじゃない
むしろ地方観光の代名詞的でもあると言えばある

うん、綺麗に手入れも行き届いてる
と言ういたっての印象なのだが

しかし…(ここからはダイジェストでどうぞ)

突っ込みどころ満載で、どっと疲れが押し寄せる…

最後にほっこりと

お茶目な表情のお地蔵さん
赤いニット帽を作られた方は、きっとマーヴィンゲイのファンだろう

写真では伝え切れませんが、Chaos具合と言ったらこんなもんではございません
音と体験がオルタナティヴにミックスした、まさに珍アトラクション状態
珍スポットがお好みの方、是非訪れてみて下さい

この後、イベント二つ目の企画ビーチーコーミングのため
須磨浜へ移動

 

長くなりましたので
そちらのレポートは、次回のブログポストでお伝えいたします

最後はマーヴィンゲイ What’s Going Onでお別れです
では

-レポート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『文』を発信する空間 [文学フリマ京都 レポ]

  「趣味は何ですか?」 『そうですねえ、読書です』   そんなやりとりに憧れてか、本を読むようになって半年程。 齢40、今まで活字と全くと言っていい程関わってこなかったが、この歳 …

10/31 写真撮り歩き「カメラの時間 @大阪城」レポ

こんにちは、bootleg cityフリヤです。 先日クリスマス前にイルミネーションを撮影しに行ってみた。SNS等では冬にイルミネーションのpostが増える、撮ったことがなかったので撮りに。これがまた …

高野山 旅日記2日目

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 高野山旅日記の二日目が届きました。今回も記事を寄せてくれたのは「のぞみ」さん。それではよろしくお願いします。 ※前回の「高野山旅日記1日目」は下記リ …

続・読書の話 [文学フリマ 大阪]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 「まだまだ暑い日がつづいておりますが〜」という出だしを書こうと思っていたらここのところとても涼しい。本当は上記の言葉を綴りたいところ、しかしそろそろ …

伝統とテクノロジーと [下鴨神社 糺の森の光の祭]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 この夏、お祭りに行っただろうか。私の住む関西周辺だと有名なお祭りは祇園祭や天神祭であったり、地元の盆踊りであったりと色々あると思う。 そういや最後に …