bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary Hike-Up

階段という敵 [須磨アルプスハイキング]

投稿日:

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。

すっかり梅雨。どこ行くにもしっとりしていて嫌なような、これはこれでアリなような、そんな日が続いてますが今回はアウトドアな話。

5月にBLCのイベントとして須磨浦公園からの山歩きを開催。
その際に感じた事がひとつ。

「山の階段・・しんどいな」

まあ、山登ってるので階段は付いて回るもの、そして階段は決して楽なものでは無い、そんな事は理解しているがなんとかこの[階段]という魔物の少ない、「いつの間にかてっぺんまで登ってた!」的なイージーモードなルートは無いのかと思い実際に単身ルート探しに。

※5月のイベントの模様は下記より。
5/27 HIKE-UP&BBU | イベントレポート1/2

調べた結果第一の魔物、須磨浦公園駅からの階段を回避するにはJR塩屋からのルートがよさそうなので塩屋に着。

海が良い。こんな広い海があるのに背を向けて山へと歩を進める。海好きのフリヤとしてはこの背徳感がヒリヒリくる。

塩屋駅前、実に味のある良い町並み。今度「カメラの時間@垂水・須磨」でも開催しようかな。

現在の「六甲全山縦走路」は須磨浦公園〜宝塚だが、かつてはこの塩屋スタートだったらしい。変更になったきっかけは・・まあ調べておきましょう。

魔物と呼ばれる「階段」はあるものの、傾斜が緩やかであまり気にならない。それよりも大好きな苔に囲まれて幸せ。

いつのまにか「旗振山」のピークの近くまで。このルート、距離こそ伸びるものの楽しく歩ける正解なコース。
今は稼動してるのか怪しい貨物用のリフトも見れてさらに良し。
力強い存在感だが今は静かな重機械、溜め息でますね。

スポンサーリンク


第一の魔物「須磨浦公園の階段」回避ルートがわかり、良い感じで次の魔物へ。
次の魔物は「高倉台」から「栂尾山」へ至る道中にそびえるコンクリ製の直線階段。

画像では伝わり辛いが、この10倍はあります。まさに魔物。イベントの際はこの魔物に我々パーティは屈してしまい「須磨アルプス」への到達が叶わなかったのです。
そんな魔物を登らずとも「栂尾山」のピークへ抜ける道が判明。その名「文太郎道」

山を愛した男、加藤文太郎にゆかりのあるルートで、こちらもかつての縦走路であったらしい。そんなルートで魔物を回避できるなんて。
しかしこのルート、あまり使われていないようで草も生え取り付きがわかりにくい。

なんとかルートを見つけ登る。

山を、ルートを愛する看板にも出会う。

このルート、少々岩を登るぶぶんはあるがコンクリの階段を登っているよりずっと楽しく感じる。やはり自然の中を歩いているという「それっぽい感」が大事だなと感じずにはいられません。

スポンサーリンク



そんな事を考えているとピークに到達。これは良い、今後のメインルートが即座に決まります。
その後は階段たちを回避した余裕のある足で「須磨アルプス」へ到達。岩場を堪能してきました。

これでいつでも行けます。山、行きませんか?下見もばっちりですよ。

今回の山行の感じ、映像も公開中。ぜひこちらも。

行きたくなりましたね、山。ただ、新たな魔物も誕生しましたね。「夏」です。
最近もちょくちょく六甲山などは登ってますが、暑い、暑過ぎる。
山に行くようになって2ヶ月のド新人ハイカーの私にはこたえる暑さ。

この新たな強敵を倒せる術を持つ勇者、募集しております。

それでは今回はこの辺で。最後までお付き合いありがとうございました。


bootleg cityのTwitter、Instagram、Youtube

 

https://twitter.com/bootleg_city

 

https://www.instagram.com/bootleg_city

 

https://www.youtube.com/channel/UCdsH6HsP2orFulU3M27r9Qw

スポンサーリンク



-Diary, Hike-Up

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7/15 旧福知山線廃線敷HIKE | イベントレポート前編

猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 少々遅くなりましたが、先月行われましたイベントの模様をお伝えします https://twitter.com/bootleg_city 今回はそのレポ …

遊びゴコロ

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 「ものづくり」どんなイメージがありますでしょうか。 民芸品?アクセサリー?または小説や映像作品でしょうか。様々なものに当てはめることができると思いま …

テーマを絞って切り撮る

こんにちは、booteleg cityのフリヤです。 普段写真を撮りに行く時テーマ、何となく決めていると思います。 「今日は街を撮ろう」「お花を撮ろう」など。 今回はもう少し狭く、「オールドレンズを使 …

価値の見つけ方

生活用品 衣類 デスク周りなど、 趣味やライフワークに密接したアイテムには自分だけの価値や拘りを 時間があれば度々覗く行きつけの古工具店 どこから来たのか、使い込まれた工具や什器が雑然と並ぶ オイルや …

百円の価値とは

先日に引き続き 下調べをしなくとも、その街を訪れると嗅覚が反応 ジャンク屋を嗅ぎ付ける能力が身につく?ようです ここは凄い もう、ジャンク屋の見本と言わんばかりのオーラ、過去最強のインパクトを放ってお …