bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

下を向いて歩く

投稿日:

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。

いきなりの暗めのタイトルですが、マイナス思考でいこう!というワケではなく、普段何気に通っている通勤、通学の道や近所の「足元」にも目を向けてみようというお話。

足元、見慣れたものばかりではあるけれど改めて見てみると面白いかもしれない。
早速通勤の道「下を向いて」歩いてみました。

マンホール。大阪城が掘られています。この大阪城、カラーVerも存在します。マンホールの写真ばかり取っている方もいるぐらいコレクション性の高いシロモノ。

コンクリ×石畳。よく見ると石の表情なんかも違います。普段はなかなかここまで見ない、まあだからと言って何の得にもなりゃしないが。

横断歩道。そういや横断歩道てだいぶ昔にモデルチェンジしたなと。若い方はご存知ないかもだけど、昔は両側にも線があり「梯子」のようなスタイルだった。
水が逃げないかなんかの理由で今のモデルになったような。

スポンサーリンク


こいうった「そういえば」的な思い出し発見もあったりで、下に目を向け歩くのも楽しい。

神社の扉。目線の装飾はよく見るが、足元の金具も見てみよう。
ただのおさえ金具にあらず、きちんと装飾された美しい金具を使用しています。お洒落は足元から。

一人乗りエスカレーター。この踏面のスリット、何のためにあるんかな、水はけ?グリップ?そんな想像をしながら乗る、考えたこともなかった。

コンビニに立ち寄る。「こちらからお並びください」のピクトグラム。
コンビニによってタイプの違いもあるのだろう。全てのコンビニ、制覇してみたい。

そうこうしている間に職場へ到着。いつもはボーっとしながらの通勤だが、この日は新鮮味に溢れている。しかし側から見ればずっと下を向いている、心配されないように注意が必要だ。

いわゆる土嚢というやつ。台風のシーズンは備えておくに越したことはない。
しかしこの見た目、なかなか強烈。コーナンに売ってるかな?

そしてゴールの我が事務所に。ここで女子社員の足元にも目を向ける。

夏なので、サンダル履き。決してニヤニヤしながら「ふひひ、足、撮らせてえな」と言った訳ではない。夏を足元からも感じる。

スポンサーリンク



というわけで今回はずっと下に注目して歩いてみました。
別に下でなくとも、上でもいいし特定のオブジェクトでも、色でもいい。少し視点を切り換えて歩いてみるだけで季節を感じたり、新しいような懐かしいような発見ができることでしょう。

周りに不審がられない程度に試してみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で。
最後までお付き合いありがとうございました。


bootleg cityのTwitter、Instagram、Youtube

 

https://twitter.com/bootleg_city

 

https://www.instagram.com/bootleg_city

 

https://www.youtube.com/channel/UCdsH6HsP2orFulU3M27r9Qw

スポンサーリンク



-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

続・読書の話 [文学フリマ 大阪]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 「まだまだ暑い日がつづいておりますが〜」という出だしを書こうと思っていたらここのところとても涼しい。本当は上記の言葉を綴りたいところ、しかしそろそろ …

三話三景

行き先の見えない買い物 安臭い剥がれかけたメッキにダミーの石 その昔駄菓子屋に並んでそうなチープさ、そんな小さな蝶のブローチ 自分で使うの?と聞かれればそうでもない 何かのタイミングで誰かにでもと、目 …

時間による空気の違いを感じに [@那覇写真活動]

こんにちは。bootleg cityのフリヤです。 毎日猛暑だったり、台風だったりと忙しい2018年夏です。暑すぎ&天気悪くてという言い訳をして「写真を撮りに行く」という行為がおろそかになりそ …

加減具合

王道や歴代の名機とは何にでも有るもので ある程度そこに居続ければ、誰もが魅せられ一度は通るもの 同じように自分も、先人の手本どうりその道を辿って来たものが多くあります 許す限りの範囲内で「本物を知る」 …

この上なくひとり遊び

少し前から関連書籍と共に収集し始めた民芸品に新しいお仲間が 民芸工芸では歴史深い老舗 「大雪創木社 / トンチカムイ」 59年より開催される全日本コケシコンクール こちらの作品は第二回の最優秀作品 土 …

Archive