bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary カメラの時間

トイレンズという遊び道具

投稿日:

 

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。

写真活動、継続中。
正直カメラ、すぐ飽きてしまうかもなんて思っていたが意外?にも長続き。
楽しい遊び道具。

そして、新たに遊び道具を入手。

交換レンズ[Holga 60mm F8 単焦点レンズ]

あの有名な中華カメラ、ホルガのレンズVer。所有しているキヤノンEFマウント対応品。
以前BLC写活イベント「カメラの時間」でニコンのカメラに装着して遊んでいる方がいらっしゃって、気にはなってましたがこの度やっと購入。

2,000円台でEFレンズ(対応品)が手に入るという価格破壊もいいとこ。

早速さわってみる。

ものすごいプラスチッキー。
今日の食玩の方がええ素材使ってる。そしてピントリングに印刷されたこのマーク。
1人=1m、3人=2m、7人=6m、山=10m以上てこと、らしい。
HOLGAに親しんでいる方にはおなじみのマーク。
しかしざっくりしてんなあ。

スポンサーリンク


EOSkissX7に付けてみるとこんな感じ。

X7の小ぶりなボディに対して悪くない、気がする。
そしてオールプラスチックのレンズなので重さをほぼ感じない。良き。

早速試し撮りしてみる、モードは絞り優先。
もちろん電子接点なんて無いのでMFにて。

室内蛍光灯、距離80cmほど
[F8 シャッタースピード0.4秒 ISO800]
手持ちでなんてとんでもないので机に置いて撮る。

うーん、距離を間違えたか?
四隅がケラレているのは仕様。[ブラックコーナーエフェクト]とかいう大層な効果が付いている。

ちなみに手持ちも想定してシャッタースピード1/30でも撮ってみる。まあ、1/30で手持ちは多分ブレるが。

闇・・。まあわかってたけど・・。

 

この後、途中まで感度を変えたりモードを変えたり、純正EFレンズとの比較をつらつらと途中まで書いてたが、なんかそういうの書きたいワケじゃなかったなと思い、バッサリ割愛。
細かい設定による違いや比較なんかは多くのカメラの先輩方がされていると思うので、そちらをご覧あれ。

スポンサーリンク



とにかく軽い、かわいいレンズを持って外へも撮りに。

サルスベリの花。やはりピントがズレてる感。これもまた、と思うしか無い。

自販機の裏。
写真の撮れ方がより強烈なキャラが気になりますね。

ここからは10枚ほどスライドショーで。

 

想像以上に難しい。ピントリングいじっても何が変わってるかもわからない。
しかし一般のレンズには無い甘い写り、色の感じ。これは遊べる。

高性能なレンズは当然良いけれど、たまにはこういったレンズで遊んでみるのも楽しい。安いしね。
一般のレンズとは違うプラレンズ、おひとついかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で。
最後までお付き合いありがとうございました。

 

今日は、台風がくるらしい。


 

▶︎Twitter
▶︎Youtube
▶︎Instagram

スポンサーリンク



-Diary, カメラの時間

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

この上なくひとり遊び

少し前から関連書籍と共に収集し始めた民芸品に新しいお仲間が 民芸工芸では歴史深い老舗 「大雪創木社 / トンチカムイ」 59年より開催される全日本コケシコンクール こちらの作品は第二回の最優秀作品 土 …

スタンドアップパドル

こんにちは、bootleg cityフリヤです。 冬の終わりが見えてくる2月後半、今年の冬は暖冬で暖かい。とはいえ冬は寒い、結構寒い。 そんなまだもう少し寒さが続く中、季節外れの記事を。   …

続・厄が降りかかる年齢?

「私は神仏奇跡は信じていないし、厄年という超常的なものはありえないと思う」そんなことを少し前につらつらと書いた記憶がある。 こんにちは、厄神さんへまんまと行ったフリヤです。 折れた足のリハビリを兼ねて …

三話三景

こっち都合 都市部の住宅街の中にある排水路ほどの人口川 本命ではないと疑いつつ予測はしていたがやっぱり 特になんの値打ちもない、ちょっとした水溜りには大抵いる「カダヤシ」 いわゆる外来種 とは言え、形 …

古い新しい図鑑

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 最近思いついたように本に触れだした私。 特に無理して、今更カッコつけて触れだしているわけではないが今まで本とは縁が遠かったので新鮮で楽しい。 先日友 …