bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary

読書、してみようか。

投稿日:2018年8月24日 更新日:

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。

近頃SNSなんかでも「もう秋の気配が」的な投稿が増えてきている気がする。
夏を愛するフリヤには少し寂しい話、まあ仕方ない。

さて、そんな「秋」が近いということもあり「読書の秋」にちなみ読書をしてみようかと。本は知識の源とも聞くし、意識高い(系)の言葉を使えば「良質なインプットの媒体」だそうだ。

その「読書の秋」、語源は古く中国の漢詩に記載されているとか。興味がある方は調べて貰えばいいと思う。フリヤは、、いいや。

さて、本といっても日本だけでも無数の書籍が存在する。

こんな感じのいわゆる「コンビニ本」も立派な本。しかも内容がなかなか尖っているものが多くついつい手にとってしまう。

スポンサーリンク


ここまで書いていてナニなんだが、私フリヤは本に疎い。いわゆる「読書系」の本に特に疎い。・・そもそも読書系の本てなんだ?
思い浮かぶのは小説・・とか?

とはいえ書籍に触れない訳でも無い。

こんな感じの図鑑のような、解説書的な本は好物。大判、ハードカバーと少々値が張るのが難点。その点コンビニ本は良い。

また、職場で見つけたビジネス本なんかも書籍。もしかしたら「読書系」にカテゴライズされるかもしれない。

あ、ちょっと無理。
意識高いわ。

あと参考にするのがデザイン関係であったり、建築関係の本。

参考にしたり、パクったり。読むと言うよりは見ると言ったほうが近いかもしれない。

こんな感じで、読書に疎いフリヤでも、本には触れている。
しかし、何か違う。「読書」感が出ていない気がする、もちろん個人の思いの違いもあるだろう、成人向けの過激な雑誌でも「読書やんけ!」と言われれば否定はできない。

が、なんか違う。
「読書」してみたいし、一人で考えても答えがでないのでみなさんの「読書とは」を聞かせて欲しい、そしてオススメの本を教えてもらったり、一緒に買いに行ってみたい。
そう、「読む」だけが読書ではなく本に触れるまでの過程も楽しんでみたい。

一応本を読もうと思い、デジタルガジェットなんかも入手はしている

しかし、やはり紙の本で中身を味わってみたいなと。

スポンサーリンク



本には疎いが本に普段触れている、そして読書に関する前後も楽しみたい。
こんなフリヤと一緒に読書を楽しんでくれる仲間を切に願う。

 

「ゴタクはええから本屋行ってこんかい!」

と怒られそうなので今回はこのあたりで終了。
また本に関する話を書ければいいなと、今からニヤニヤ。

 

それでは今回はこの辺で。
最後までお付き合いありがとうございました。

 


 

台風が過ぎ去った大阪、青空は出ているものの風が強い朝。

▶︎Twitter
▶︎Youtube
▶︎Instagram

スポンサーリンク



-Diary

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5/27(日)ブートレッグシティ須磨企画やります

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 だんだんと暖かい日から暑い日が増えてきています。 こう気候が良いと海へ、山へ出かけたくなります。 各SNSなどでは告知しておりましたが、来る2018 …

続・厄が降りかかる年齢?

「私は神仏奇跡は信じていないし、厄年という超常的なものはありえないと思う」そんなことを少し前につらつらと書いた記憶がある。 こんにちは、厄神さんへまんまと行ったフリヤです。 折れた足のリハビリを兼ねて …

大物以上の

いつもより早くに起き、始発で向かう先は まだ少し肌寒いですが 海面に映り込む朝焼けを眺めながら、仕掛けを作り後はじっと待つ 同じように糸を垂らす釣り人が、等間隔に数人 少しすると「アタリはある?」「ま …

カタチから入る

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 大阪は桜の季節も過ぎ去り、上着も必要無いぐらいの暖かい日が多くなっています。外に遊びに出かけたくなるこの季節、釣りなんかしてみようかと。 bootl …

価値の見つけ方

生活用品 衣類 デスク周りなど、 趣味やライフワークに密接したアイテムには自分だけの価値や拘りを 時間があれば度々覗く行きつけの古工具店 どこから来たのか、使い込まれた工具や什器が雑然と並ぶ オイルや …