bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

レポート

『文』を発信する空間 [文学フリマ京都 レポ]

投稿日:

 

「趣味は何ですか?」

『そうですねえ、読書です』

 

そんなやりとりに憧れてか、本を読むようになって半年程。
齢40、今まで活字と全くと言っていい程関わってこなかったが、この歳になってやっと手を出す。ジャンルや作家もわからぬまま、表紙買いや友人おすすめを読んだりととにかく毎日少しずつではあるが読み進めている。今まで知らなかった世界、文字の並んだ刺激的な世界に引き込まれている。

 

こんにちは、bootleg cityフリヤです。
今回は以前大阪でも開催されていた「文学フリマ」が京都で開催されるとの事で遊びに行きました。そのもようを少しばかり。

 

小雨の中会場へ到着。
展示会場、どこもよく似たような雰囲気。

大阪でも盛況だったが今回も盛況。前回も出展していた友人が今回も出展しているので、そちらへ足を向ける。

「風来 倫太郎」氏、今回はピンではなく二人で「短歌」を発信している。
私よりだいぶ若い倫太郎氏、短歌とはまあまたいいところを突く。前回も購入させて頂いたが、今回の分も楽しみ。

お城や歴史、そして模型にも精通している同氏、守備範囲が広いというか好奇心が旺盛というか、多くの事柄に興味を持ち、そして触れていき、発信するスタイルは私の大好物、尊敬の対象。

スポンサーリンク



こちらのブース以外にもブースをまわり、何作品か連れて帰ってきた。

白ベースにスミ文字。逆に目立つこちら、話を聞くと「絵が描けないので」との事。中身が気になって仕方がない、自分の想像が膨らみすぎるレイアウトである。

文字のみの表紙、中身も当然文字が並ぶ。この潔い作品たちの並ぶブースは足を止めざるを得ない。

 

そんな「文字」だけで表現してくるブース、他にもある。

このキャプション、最後まで読んで「あたりまえやろw」と心の中でツッコンでしまった。ツッコンだらもう負け、気になって仕方がない。
どうやらこちらの名刺、通常版を切らしてしまったらしく急遽ペンで書いたという一点ものたち。

作品(中身はまだ読んでないが)も個性しかない。なんというか、この場所から離れられない[何か]を感じる。おそらくその[何か]は作品を読んでも解明はされないのであろうが、平たく言えば大好き。

売り子を担当していた女性が可愛かったので立ち寄ったこちらのブース。そんなやましい四十路に対しても親切に「乙女」の作品を説明してくれた。
私が遠い昔に受験して見事に散った京都にある某芸術大学の学生さんが生み出した作品たち。
乙女心を持ち合わせている私としては即買いな一品。

封筒入りの作品も。手紙をイメージした作品だろうか、最後の一通との事。
見事私の鞄へ吸い込まれる。

スポンサーリンク



終了時間が迫ってきたのでぐるっと何周かして撤退。
本当に多数のブースが並んでいて一軒一軒回っていると1日では足りないだろう。
数多のブースがひしめき合う会場だが、足を止めたのは少し。好みもあるだろうが、発信の仕方が上手なブースには目が行き、売り子がずっとスマホいじってるようなブースには全く行く気が起こらなかった。

「文学は内容で勝負」なのかもしれないが、内容を読んでもらうにはまず足を止めさせる武器が必要だと感じた。その武器とは何だ、個性あるれるブース作り?元気な売り子?今までにないような、本というカタチにとらわれない文学作品?
悲しい事に私には全く正解はわからないが、これからの文学界隈、飛び道具を持つ者が残っていきそうな予感がする。
そんな勝手な評論じみた駄思考を巡らせながら京阪電車に揺られていた。

購入した作品を読むわけでもなく、SNS巡回しながら。
これはダメなやつだ・・。

 

それでは今回はこの辺で。
最後までお付き合いありがとうございました。

 


大阪で模型の製作会に参加した後向かった京都。到着した時、大阪でも降っていた雨がまだ止む事なく降っていました。京都で感じる雨は大阪のそれよりも一層冷たい雨、そんな気がします。
単純に気温が低いだけ、かもしれませんが。

「文学フリマ」会場から出た時にやっと雨も上がり、できれば使用したくないアイテム[折り畳み傘]の収納に成功。
空は雲がかかったり陽が差したりの複雑模様。

楽しいイベント、是非次回も遊びに行こうと思います。


 

▶︎Twitter
▶︎Youtube
▶︎Instagram

スポンサーリンク



-レポート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真鑑賞会「写真会同」開催しました

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 11/25(日)にbootleg cityが進めている写真イベント「カメラの時間」の一環として今まで撮った写真を見せ会える企画「写真会同」を開催。 …

7/15 旧福知山線廃線敷HIKE | イベントレポート後編

前回のレポート前編に続き、後編をお届けします 宝塚駅より電車に乗り、生瀬駅で下車 ここから目的地の廃線敷までひと歩き 稲穂が一面いい色だこと すると、足元もアスファルトから土と砂利へと ここまでおよそ …

大阪×硝子×歴史×技術 [CuteGlass Shop and Gallery レポ]

「和風総本家」というTV番組をご存知だろうか?代々受け継がれてきた技術を繋ぎ、歴史のあるものづくりを担っている方々を取り挙げる機会の多いこの番組。 「いや、いつまで古い習慣引きずってんだ」 正直ツッコ …

夜の街を歩く

先月おこなわれましたこちらのイベント 週末とは言え平日にも関わらず、沢山のご参加ありがとうございました 今回はそちらの模様をお届けします 投稿者は、もうレギュラーになりつつある のぞみさんです ではよ …

7/15 旧福知山線廃線敷HIKE | イベントレポート前編

猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 少々遅くなりましたが、先月行われましたイベントの模様をお伝えします https://twitter.com/bootleg_city 今回はそのレポ …

Archive