bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

レポート

大阪×硝子×歴史×技術 [CuteGlass Shop and Gallery レポ]

投稿日:

「和風総本家」というTV番組をご存知だろうか?代々受け継がれてきた技術を繋ぎ、歴史のあるものづくりを担っている方々を取り挙げる機会の多いこの番組。

「いや、いつまで古い習慣引きずってんだ」

正直ツッコミを入れた事がある。
古いものは新しいものに取って代わって然りだと思っていた。しかし間違っていたようだ、歴史は良い。そして古いものただただ残すのではなく現在の技術や想いと合わせることにより新しさだけでは到達できない表現を生み出す事ができる。そんな考えに変わった。

 

こんにちは、bootleg cityフリヤです。
先日大阪は北浜にある[CuteGlass Shop and Gallery]というところへお邪魔する機会があった。

古い建物と蔵を改装した[日本精巧硝子株式会社]という企業のギャラリーらしい。前情報はあまり無く、撮影目当てで訪れた。

お洒落な看板、そして入り口。ここまでは所謂「古民家を改装した〜」系のよくあるアレかと思っていたが、違った。

スポンサーリンク



まずはこの柱に驚く。

継ぎ方が強烈。古民家カフェ的な所はよく見かけるがここまでの技術を使った継ぎ方は見た事がない。お寺に仕事で行く事が良くあるが、そんなレベル。継ぎ方の名前まではわからないが、とにかく美しい。

そして補強の為にはあっさりと新しい材料を使う。しかし技術はお城やお寺を作れるレベルではないだろうか。

土間から上がる框にもこんな細工。遊びゴコロという言葉では追いつかない。

聞いたところによると大正に建てられた建物を震度6以上の耐震性を持たせる為の大修理を行ったとの事。

建具の上を彩る欄間の類も美しい。ただ復元するだけでなく、硝子屋さんならではの光を意識した造りも見どころ。

[ショップ&ギャラリー]と言うだけあって展示、販売ももちろんある。

昔ながらの[容器]としての役割を今でも現役で続ける[瓶]たち。プラスチックやペットにシェアを削られつつはあるものの、その透明度や造作の美しさはまだまだ負けていないと思う。この画像の瓶は販売している。そして思ったよりだいぶリーズナブル。

展示としてはオーナーが集めたものや、瓶コレクターから提供してもらったものがある。瓶コレクターが居るというのには驚いたが、有名人も瓶コレクターだったりとその人口は少なくないらしい。

紫外線にあたると光を発する[ウランガラス]の製品。
ビーチコーミングでシーグラスを拾った際に稀にではあるが拾う事があるが製品を見るのは初めて。細工の線がずっと見ていられる。

こちらはお菓子の容器。店頭販売用の大きな瓶はフォントも相まって現代では出せない優しさというか、丸さを感じた。

昔の瓶の展示を眺めつつふと上を見上げれば照明器具にも瓶。

良くある手法、と言ってしまえばそれまでだが古い建物に対してこの見せ方。一歩間違えば勘違いしたデザインになる危険を孕んでいるがこの事業を担当した企業のセンスの良さが見て取れる。好きな感じだったので大いに贔屓目で見ているのは内緒で。

この建物、文化財認定は受けていないという。その点が思い切ったリノベーションを可能にしたのかもしれない。
よくある古民家改装系とは違う、古いものと新しいものの融合、高い建築技術、デザインセンス、そして硝子にこだわる企業の想いを見た気がする。

スポンサーリンク



古いものより最新技術、そう思っていたがその考えは崩れたようだ。
残すだけでなく合わせる事により見る者を楽しませる[エンターテイメント]として表現が可能になったと考える。

図面も公開しているので気になった方は足を運んでみるのもいかがだろうか。
終始べた褒めだったが、本当に良いところ。撮影も基本OKなので、写真活動の一環に加えてみてはいかがだろうか。

それでは今回はこの辺で。
最後までお付き合いありがとうございました。

CuteGlass Shop and Gallery

〒541-0044 大阪市中央区伏見町2丁目4-4
電話番号:06-6226-8360

< 営業時間 >
10:00 ~ 18:00

< 定休日 >
土・日・祝


年度末から年度始めとなんだか忙しい。この記事を書いている今、平成から令和へと変わりゆく10連休。もちろん連休などできるわけもなく働いております。
先日出張で行った金沢の帰り、福井県のどこかの一枚。
ゆっくりしたいものです。


bootleg city

▶︎Twitter
▶︎Youtube
▶︎Instagram

スポンサーリンク



-レポート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7/15 旧福知山線廃線敷HIKE | イベントレポート前編

猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか? 少々遅くなりましたが、先月行われましたイベントの模様をお伝えします https://twitter.com/bootleg_city 今回はそのレポ …

『文』を発信する空間 [文学フリマ京都 レポ]

  「趣味は何ですか?」 『そうですねえ、読書です』   そんなやりとりに憧れてか、本を読むようになって半年程。 齢40、今まで活字と全くと言っていい程関わってこなかったが、この歳 …

7/15 旧福知山線廃線敷HIKE | イベントレポート後編

前回のレポート前編に続き、後編をお届けします 宝塚駅より電車に乗り、生瀬駅で下車 ここから目的地の廃線敷までひと歩き 稲穂が一面いい色だこと すると、足元もアスファルトから土と砂利へと ここまでおよそ …

5/27 HIKE-UP&BBU | イベントレポート1/2

先日開催されました、トレッキング&ビーチーコーミングイベント 「HIKE-UP X BBU」のアフターレポートです http://bootlegcity.com 既に汗ばむ程の好天候の中、スタ …

続・読書の話 [文学フリマ 大阪]

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 「まだまだ暑い日がつづいておりますが〜」という出だしを書こうと思っていたらここのところとても涼しい。本当は上記の言葉を綴りたいところ、しかしそろそろ …