bootleg city

ジャンルレスな「遊び」を発信

Diary Hike-Up

山登りの、下見へ

投稿日:

「フリヤくん、今度六甲山一緒に行かへん?」

先日そんなお誘いが。
いつもはソロで山歩きをしているので誰かと行くチャンス。もちろんOK。

しかしお相手はあまり六甲山を歩いたことが無いとの事なので、私がリードしなければという使命感がたぎり、下見を敢行。

山登りの下見って、なんだか学校の先生のようだが、折角なので自分も楽しみながら。そして見所のあるルートを選ぼうと気合が入る。

選んだルートは須磨アルプス〜高取山。須磨アルプスの岩場は絶景、絶対喜んでくれるだろう。高取山は通常ルートではなく露岩帯の尾根を歩くルートに。こちらは私も歩いたことがないので楽しみ。

大阪から山陽電車「月見山」駅で下車。
須磨のキャクター「すまぼう」がお出迎え。山行の安全を祈念。

北へ歩き、天井川憩いの広場へ到着。
この広場、この夏に大整備が施され、かつての綺麗な広場が戻っていた。

 

上の画像は今年の1月に撮影したもの。
昨年の台風により土砂が押し寄せてきて無残な姿に。しかし整備のおかげで生まれ変わった景色が広がっている。本当にお疲れ様です。

スポンサーリンク



広場を抜け、まず目指すは須磨アルプス・馬の背。
冬に訪れてから、怪我などもあり訪れていなかったルート、草は多いがやはりいいルート。ここは通ること決定。

六甲山縦走路と合流し、馬の背に到着。
ここにを歩くのは何回めだろうか、おそらく20回は来ているか。何回訪れても絶景、本当に気持ちのいい場所。ぜひ案内しよう。

馬の背を抜け、板宿方面へ歩き街へ出る。
ここからは私も初のルート、コンパスをセットし、GPSを確認して進む。

大当たりだ。このルートもやはり見晴らしのいい岩尾根。
見所としては十分に楽しんでもらえそう。

岩にそびえる鉄塔なんて、インスタに上げたくなるはず。多分・・。

傾斜のきつい岩尾根から狭く草の生い茂った踏み跡を辿り高取山の荒熊神社へ。

「絶景です」
この文字に誘われないハイカーはいないだろう。もちろん上がる。
前に一度違うルートでも来たが、やはり絶景だった。絶景すぎて写真を撮り忘れるぐらい。

連続する鳥居を抜け、高取山山頂を踏み今回は下山のルートへ。
ゴールに設定している板宿駅へ着いたのは歩き始めて約4時間後の15時。
8kmと油断していたが案外時間がかかった。それだけ楽しい山、魅力のある山ということにしておこう。

途中、かわいい奴にも会ったし、満足。

きっとこのルート、楽しんでもらえるはず。
本番の日が今から楽しみ。晴れてくれよ。

スポンサーリンク



それでは今回はこの辺で。
今回の山行、1分程度の動画も作る。良かったら見て欲しい、1分なんで。

最後までお付き合いありがとうございました。


今回は見所を探しながらの山行。
あ、ここ良いな、ここも良いな。映えるな〜。などなど考えながら歩きました。
リードする緊張感もありますが、オススメを探すのも、良いですね。

ちなみに一番のお気に入りはここです。


bootleg city

▶︎Twitter
▶︎Youtube
▶︎Instagram

スポンサーリンク



-Diary, Hike-Up

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カタチから入る

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 大阪は桜の季節も過ぎ去り、上着も必要無いぐらいの暖かい日が多くなっています。外に遊びに出かけたくなるこの季節、釣りなんかしてみようかと。 bootl …

スタンドアップパドル

こんにちは、bootleg cityフリヤです。 冬の終わりが見えてくる2月後半、今年の冬は暖冬で暖かい。とはいえ冬は寒い、結構寒い。 そんなまだもう少し寒さが続く中、季節外れの記事を。   …

勝手な贈られ物

最近、ふと違和感が 興味深々で聴き入ってはいるが 聴けばきくほどに、疑いたくなる違和感が そこのフローとは明らかなズレを感じる 思い違いの可能性はどうやら薄い予感 このままにしておくのは命取り 答え合 …

月見山から月見山

こんにちは、bootleg cityのフリヤです。 8月も後半になっている現在。あちらこちらで「夏も終わりだな〜」という声が聞こえるこの頃。 正直まだまだ夏が続いて欲しい夏好きの私(5年前から好きな夏 …

金剛山で山歩き

こんにちは、bootleg city フリヤです。 須磨にて開催しました山歩きイベント[Hike-Up] このイベントに自ら刺激され、他の山へも行ってみる。 場所は奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪 …

Archive